神戸ルミナリエ2018の期間や時間、開催場所について。NHKの特集ページも紹介。東京のミレナリオ、ミチテラスと比べてみる

2018年の神戸ルミナリエの期間と時間、開催場所

今年で24回目を迎える神戸ルミナリエ。もともと阪神大震災の犠牲者を追悼し、震災からの復興という意図を込めて開催されたイルミネーションのイベントです。

2018年の神戸ルミナリエは

12月7日(金) ~ 12月16日(日)

開催場所は

旧外国人居留地および東遊園地

です。

開催時間は

月曜ー木曜日は18時から21時30分まで、

金曜日は18時から22時まで

土曜日は17時から22時まで

日曜日は17時から21時30分まで

となっています(神戸ルミナリエ公式サイトhttp://kobe-luminarie.jp/cont-01.htmより)

2018年は全長270メートルにも及ぶ門と回廊の作品が仲町通りに設置されるほか、東遊園地には4本の塔と聖堂をイルミネーションで表現した作品が設置されるとのことです。

テーマは「共に創ろう、新しい幸せの光を」とのこと。使用されているLED電球の数はこれまでで最大の51万個。まさに日本を代表するイルミネーションのイベントとなっています。

2018年の神戸ルミナリエを報じるNHKのニュース

NHKのニュースでも報じられた神戸ルミナリエ。オープニングイベントである点灯式の様子を伝え、集まった人々が黙祷を捧げた後、電球が灯された様子と参加者の声を紹介しています。

東京のミレナリオやミチテラスの開催期間は?

似たような語感が印象的なイルミネーションイベントが東京でも開催されていた記憶があるのですが、1999年に始まった東京ミレナリオは2006年で終了、2012年から東京ミチテラスという名称で開催継続されています。

2018年の東京ミチテラスは

2018年12月24日(月・祝)から12月28日(金)

まで開催の予定です。

演出テーマは「ひかりのゲートウェイ」となっており、先日話題になった山手線の新駅「高輪ゲートウェイ」を彷彿とさせます。

どうやら2020年に向けて日本の玄関口である丸の内に新たな時代の扉を開く、という意図が込められているそうです。

こちらも丸の内各地で開催されるイルミネーションイベントとなっており、華やかな夜景を綺麗な明かりが彩ることになるのでしょう。

 

いかがでしたでしょうか。

兵庫近郊にお住いの方も東京近郊にお住いの方も、それぞれ日本を代表するイルミネーションイベントに足を運んでみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です